基本原則

基本的なゲート

そして及び否定論履積ゲート

      

そしてゲート

出力は「1」に入力が両方とも「1」に置かれるとき置かれる。 さもなければ、出力は「0」に置かれる。
 

否定論履積ゲート

出力は逆になるゲートであり。
 
出力は「0」に入力が両方とも「1」に置かれるとき置かれる。 さもなければ、出力は「1」に置かれる。
 
A B
0
0
1
1
0
1
0
1
0
0
0
1
A B
0
0
1
1
0
1
0
1
1
1
1
0
 
 

または及びゲート

 

またはゲート

出力は「1」に入力のどちらかまたは両方が「1」に置かれれば置かれる。 入力が両方とも「0」に置かれれば、出力は「0」である。
 

ゲート

出力はまたは逆になるゲートである。
 
出力は「1」に入力が両方とも「0」なら置かれる。 さもなければ、出力は「1」である。
 
A B
0
0
1
1
0
1
0
1
0
1
1
1
A B
0
0
1
1
0
1
0
1
1
0
0
0
 
 

XOR及びXNORのゲート

 

XORゲート

出力は「1」に入力のどちらか、両方が、「1」でなければ置かれる。
出力は「0」に入力が両方とも「0」であるか、または入力が両方とも「0」なら置かれる。
別の方法はの入力が異なっていればこのゲートを出力が「1」、入力が同じなら出力によってが「0」であるそれであると言うことである記述する。
 

XNORのゲート

出力は逆になるXORゲートである。
 
出力は「1」に入力が異なっていれば入力が同じなら、および「0」置かれる。
 
A B
0
0
1
1
0
1
0
1
0
1
1
0
A B
0
0
1
1
0
1
0
1
1
0
0
1

 

代わりとなる内容

Adobeに抜け目がないプレーヤーを得なさい

 

代わりとなる内容

Adobeに抜け目がないプレーヤーを得なさい

 

 


 

 

 
X

http://logiflash.com/basics/1.php