基本原則

ケーススタディ: 警報状態マシン

この章では、私達は有限状態機械(FSM)に基づいて警報回路を設計する。 概念のこの例は多くのにあなたがすることを望む他の状態マシン合わせることができる。
 

 

 

状態マシン

状態マシンはこれらの州間の州、転移、および行為で構成される行動のモデルである。

私達の例では、私達は3つの州を有する:

  • 睡眠の国家(家庭である)
  • 腕の国家(家を去る前に、警報を置いた)
  • 警報国家(何かは起こった!)

私達は私達のシステムで2つの行為(出力)を有する:

  • 腕の国家では、表示器はこの状態がついていることを示す。
  • 警報国家では、サイレン(か警報装置)ついている

多くのでき事(入力)は現われることができる:

  • 警報は武装している(家に去っている)
  • 警報は武装を解除される(もどって来る)
  • 侵入がある
  • 警報タイムアウトは切れた(例えば、サイレンは鳴って、今停止しなければならない)

州と転移間の関係はこのグラフで示されている:

状態

 

私達はこうすれば作用する電子回路を造らなければならない。

 

 


 

 

 
X

http://logiflash.com/basics/10.php