基本原則

掛け金/フリップフロップ

フリップフロップは2つの安定状態を備え、それにより記憶の1ビットとして役立つことができる回路を示す。

フリップフロップは通常1-2の制御信号やゲートまたは刻時信号によって制御される。

 

 

SR (置調整)は急変する

これは基本的な掛け金である。 貯えられたビットは出力によって印を付けられるQ.にある。

SがRが保持された低速の間、(置きなさい)高く脈打てば、Qの出力はSが低く戻る後でさえも強制最高、高くとどまる; Sが保持された低速の間、R (調整)が高く脈打てば同様に、そしてQの出力Rが低く戻る後でさえも強制低速はあり、低くとどまる。

 

Tは(トグル)急変する

Tはトグル入力であり、Qは記憶データの出力である。

Tの入力が高ければ、Tのフリップフロップは国家(「トグル」)を変える。
Tの入力が低ければ、フリップフロップは前の価値を保持する。

 

代わりとなる内容

Adobeに抜け目がないプレーヤーを得なさい

 

 

JKのフリップフロップ

JKのフリップフロップはSRのフリップフロップ(J=Set、K=Reset)として出力をtooglingによって時S = R = 1.機能する。

組合せはJ = 1、K = 0フリップフロップを置く命令である;
組合せはJ = 0、K = 1フリップフロップを再調節する命令である
そして組合せはJ = K = 1フリップフロップを留める命令である。

従ってJKのフリップフロップはSRのフリップフロップ、Dのフリップフロップ、またはTのフリップフロップとして働くために形成することができるので、普遍的なフリップフロップである。
Dのフリップフロップを総合するためには、KをJ.の補足物と等しく単に置きなさい。

 

Dのフリップフロップ

出力されるQは上昇のクロックエッジの今入るDの状態で常に取る。

それは1つの時計カウントにつき出力は入るD (データ)の価値を取るおよび遅れとそれ呼ばれるのでDのフリップフロップ。

Dのフリップフロップは簡単なメモリセル、ゼロ順序の把握、または遅延線として見ることができる。

 

代わりとなる内容

Adobeに抜け目がないプレーヤーを得なさい

 

マスタースレーブ(pulse-triggered) Dのフリップフロップ

マスタースレーブDのフリップフロップはシリーズで2つのゲートで制御されたDの掛け金を接続し、入るそれらの1つへ可能にを逆にすることによって作成される。
それはシリーズの第2掛け金が最初の(マスターの)掛け金の変更に応じてだけ変わるのでマスタースレーブと呼ばれる。
誘発される言葉の脈拍はデータがクロックパルスの上昇端で入力されるが、出力はクロックパルスの落ちる端までの変更を反映しないことを意味する。

 

 


 

 

 
X

http://logiflash.com/basics/8.php