基本原則

記録/カウンター

記録

シフトレジスタはラインの双安定回路の組み立てのグループである従って入出力は一緒に接続される: データはラインの下でそれから回路が活動化させるとき移る。

シフトレジスタは平行および/または連続入出力を有することができる。

ここに使用されるタイプに連続および平行入力および連続および平行出力がある。

それはまた二方向、シフトレジスタの方向を変えることを割り当てる。

  • 1Dはの上のカウントのための連続入力である(C1 →)
  • 第2の下のカウントのための連続入力である(C2 ←)
  • 3Dは上下にカウントのための平行入力である。 データはセットの入力(C3)と最初に貯えることができる。

 

 

カウンター

カウンターはバイナリで刻時信号を提供する場合数える(「+」カウントのために入れられて」、- 「カウントのための入力)。

Ouputは(Dの港で利用できるデータは貯えられたwhan信号である入る「C」で応用である)前もって調整し、出力は」入る「R」と再調節することができる。

 

代わりとなる内容

Adobeに抜け目がないプレーヤーを得なさい

 

代わりとなる内容

Adobeに抜け目がないプレーヤーを得なさい

 

 


 

 

 
X

http://logiflash.com/basics/9.php