仕事台用具

配線、削除および回転

配線

配線モードでは、部品(ゲート、ボタン等)を動かし、逆のゲートの入出力と同様、関係ワイヤーを、作成し、切ることができる。

  • 関係ワイヤーを作成するため、複数の可能性がある:
    • 部品のあらゆる関係上のマウスの矢印を動かし、そこにかちりと鳴らし、そして引っ張りなさい。 接続される端によってかちりと鳴るまで適した関係がまたはあるか、関係にもう一方の端がマウスと動くワイヤーはそれから自動的に作り出され。
    • シフト・キーを保つことは押したが、ワイヤー上のマウスの矢印を動かし、そこにかちりと鳴らしなさい。 それ以上の行動は上で好む。
    • CTRLのキーを保つことは押したが、ワイヤー上のマウスの矢印を動かし、そこにかちりと鳴らしなさい。 直接解放すれば、1つの新しいノードだけが発生する(二線式からのie)。 ワイヤーからのマウスを代りに引っ張れば、新しいワイヤーを発生させる。
  • 部品にワイヤーを付ける、次のいずれかことができる:
    • 既存のワイヤー端をつけ、部品の関係に引っ張り、そしてそこに解放しなさい、
    • またはかちりと言う音は既に既存のワイヤー端の近さに押されるCTRLのキーの部品を動かし。 それが許可されれば、部品はこのワイヤー端に接続される。
  • シフト・キーワイヤー関係を、ワイヤー上のマウスの矢印を動かし、かちりと鳴るために分けることは押した。 シフト・キーを押すことによってワイヤー端を引張るので、不必要な混合物を防ぐことができる。
  • ALTボタンを握っている間ゲートの関係を逆にするためには(入力か出力)、それをかちりと鳴らしなさい。
  • スイッチ、発振器およびランプは4つの港を(上、底、権利はおよび去った)備えている、それらの1つただワイヤーに接続することができる。
  • 1つの港からの別の港に部品を接続することは可能ではないすなわち関係ワイヤーが木を形作らなければならない。 この木は1つの信号の源だけ(ゲートの出力、スイッチまたは発振器)に付けることができる。

削除

削除モードでは、それらでかちりと鳴ることによって部品を削除できる。

回転

回転モードでは、ゲート、フリップフロップを回すことができ、各のための90度記録はこれらの部品をつける。

 

 


LogiFlash、原本および例:
Technische Informatik Universitätブランクフルト
 

 

 

 
X

http://logiflash.com/manuals-workbench-tools/1.php