仕事台用具

構成の作成及び修正

構成の作成

左側で構成メニューはある。 構成ボタンおよび解放をつければ、その後この種類の部品を、設計区域をつけることによって望まれるように多数作成できる。 設計区域で構成ボタンをおよび解放すればつければ、この種類の部品は作成され、モードは配線モードにすぐに変わる。

構成ボタンは小さい三角のコーナーを備えている。 これらによってそれぞれの部品のメニューに得る。

選択のリストは次ある:

  • テキスト: 特性サイズと同様、イタリック執筆、大胆な印刷物、および下線を引くこと、潜水艦および指数選ぶことができる。 潜水艦および指数によってテキストはただ一方通行である。 テキストが信号の源(ボタン、カリパス、発振器)および信号流しにラベルを割り当てるのに使用することができる(ランプおよび7区分表示)。 次にこれのためにテキストボタンをかちりと鳴らし、適切な部品を動かすか、またはかちりと鳴らす。 関連したテキストはそれから動けば部品に続く。 ラベルは単一行常にである。
  • ボタン: 正常なボタン(ロッカースイッチ)、カリパス(押しボタン式)、発振器および一定した信号の源HI (1)およびLO (0)を選ぶことができる。 さらに、この部品のサイズを入れることができる。
  • ランプ: 7区分表示(7-Seg)およびランプのremplacementの統合された4ビット16進法のデコーダー(7ジンクス)が付いている7区分表示を選ぶことができる。 さらに、この部品のサイズを選ぶことができる。
  • および/または: 否定論履積および変形と同様、入口の数を選ぶことができる。
  • Xor: Xnorはここにまた選択可能である。
  • 脱穀しなさい: しきい値素子は境界として1に置かれる少なくとも同様に多くの入力があるときだけ1つを出力するゲートである。 境界の州のゲートは0にレベル1つまですべての入口に対して再度置かれる維持する。 論理的に境界価値は入力の数を超過できない。
  • 加算機: これは加算機の選択メニューである。 半分の間でおよび加算機および運送Lookaheadの加算機選ぶことができる。
  • Mux: ここに多重交換装置およびデマルチプレクサーは選択可能である。 多重交換装置によって入口の数は受け入れること指定出口が価値と同様、デマルチプレクサーによって選択可能、出口のの量である。
  • RS-FF: これはフリップフロップの選択メニューである。 1つはR-S、JK、DおよびT弾フロップの間で、そしてフリップフロップの場合には別の時計、クロックエッジ制御かマスタースレーブ変形まだ選ぶことができる。 この3つの変形の1つ以上が必須なら、自動的に選ばれる。 さらに簡単なR-Sのフリップフロップと、非同期セットおよび調整入力を加えることができる以外。
  • 記録: ここにシフトレジスタおよびカウンターがある: それらは何フリップフロップがある、またはかどうかマスタースレーブフリップフロップであるかのように調節可能、である。 しかし残りの入力(r)は決して影響されない!
  • 遅れ: 理想的な遅れ、slow-acting遅れの間で選ぶことができる(吸収しなさい)。 その上に「対面を」選べば、0から1に変更のための遅れ時間(左の端)、および1から0に変更のための1がある(右の端)。 これらの遅れ時間は価値のタイプによって部品で直接調節可能である。
  • 雑多: ここに見つける:
    • インバーター
    • 論理検光子: これはデジタルオシロスコープのよう、通常の信号流しとして使用することができる。 これのためにあなたが回路につながるのに使用できる左に関係がある。 さらに、オシロスコープは分析の援助として使用することができる。 これのために、回路のあらゆるワイヤーで引くことができる数字ポイントが、ある、各オシロスコープチャネルの右側に。 回路の測定ポイントをどこでも押すことができるオシロスコープの測定ポイントそして適切なトークンは緑になり、適切な電信送金がオシロスコープの適切なチャネルに、送られる信号。 オシロスコープに異なった調節の可能性がある:
      • オン/オフ: 不規則に転換。
      • 格子: 時間ステップからの間隔と垂直線を信号をeasely比較ことできるために示すことに。
      • ゆとり: オシロスコープの表示を取り除くため。
      • サイズ: 他の信号に類似した流出し、(源): オシロスコープのどんなにだけそしてない選択メニューのオシロスコープのサイズを、増加できる。 装置のすべての測定ポイントが変化しないときだけサイズを変えることができる、他ではこのボタンはオシロスコープの表示から消える。
      • チャネル: チャネルから加えるか、または取除くことに。 16までのチャネルは可能である。
      • スクロール: このスライダーはシミュレーションかオシロスコープが転換するときだけ現われる。 それから最後の200の時間ステップの受け取られた信号を見ることができる。
      • スケール: オシロスコープの表示のYスケーリングを変えることができる。
  • 習慣: 既にそのような物を作成したら部品を所有するために選ぶことができる

メニューが開いている間、新しい部品を作成するために設計区域をつけることができる。 メニューの選択のボタンでかちりと鳴り、設計区域で引張って新しい部品をまた作成し、配線モードに即時の変更をその後引き起こす。

全部品のデモンストレーションをここに見つける。

構成の修正

修正モードでは、ある特定の部品のタイプを変えることができる。

構成メニューからの修正ボタンを選んだ後これのために、新しい部品を加えた場合、新しい部品を同じ方法と丁度選びなさい。 それから、既に既存の部品のかちりと言う音(か抗力)。 新しい部品は前の1つを取り替え、入出力への既に接続されたワイヤーは部品に付けられてとどまる(もし可能なら)。

従って例えば同じような部品とだけによって部品を、およびゲートまたは7区分表示によって半加算器によってゲート(またはまたフリップフロップ)、またはランプ、例えばないボタン取替えることができる。

 

 


LogiFlash、原本および例:
Technische Informatik Universitätブランクフルト
 

 

 

 
X

http://logiflash.com/manuals-workbench-tools/3.php