仕事台用具

選択

選択モードでは、全回路の部品を選び、コピーし、削除できる。

転位が押されれば-選ばれるべき部品選択はフレームによって触れる必要があり、フレームの中だけで完全に必要としない行われる直接かちりと言う音によって部品(同時に押されるシフト・キーの添加物)または選択フレーム(同様に添加物)で。 指定部品へのかちりと言う音そして引きは全体の選択を動かす。 CTRLの鍵を(同様に個々の部品の移動と同じように、上で見なさい)それにより握れば、ワイヤー端および選択の部品は他のワイヤー端およびコネクターによってに接続する。

選択モードを選べば、構成メニューは消え、次のポイントとのサブメニューは現われる:

  • コピー: 選択をコピーしなさい。
  • のり: それを動かすことができるように、選択のコピーを貼り、同時に新しい選択になる。
  • 消去: 選択を削除しなさい。
  • Relsel。: (再選択しなさい)前の選択は(大きい回路ののりの後で特に迷惑である)選択を緩めれば再度現在の選択になる。
 


LogiFlash、原本および例:
Technische Informatik Universitätブランクフルト
 

 

 

 
X

http://logiflash.com/manuals-workbench-tools/4.php