仕事台用具

負荷およびを除けば

とを除けば

窓は内容を(理想的に)既に強調されるテキスト分野と現われる。 選ぶことを、強調すればそれの右クリックによる完全な内容は「選ぶために文脈メニューのすべてを」選び。 それから指定内容をコピーし、あらゆる編集者にそれを貼りなさい。 サブディレクトリーのファイルを除けばこれから、「巡回するファイル・エクステンションと」。 「xml」。

負荷との

(延長)のないファイル名を入れた後ファイルがサブディレクトリーから「荷を積まれる巡回する」。

を除けばおよび負荷との

抜け目がない生気はあなたのコンピュータのファイルシステムに安全理由のためにファイルを書くことができない。 しかし(、数ある中で、生気の場所によって決まる)にいわゆる共用目的を延長「.sol」の特定の登録簿置くことは可能である。 この可能性は各々のバックアップコピーのためにCopy&Pasteの解決を使用する必要がないようにそれが自身のLogiFlash DataSystemだったように、ここに使用された。

2つのボタンの1つでかちりと鳴ることの後で、あなたが他の適用から知っているファイルダイアログのように使用することができる窓は開く。 しかしフラッシュがダブルクリックを知らないので、および/または「負荷」と「を除けば」常に確認しなければならない。 「削除を使うと」ファイルリストから、そして「取り消し」を使うと飛行中止操作ファイルを取除くことができる。 さもなければ、次に注意しなさい:

  • 不運にも2つのファイルシステムにある2つのインターネットの登録簿からのLogiFlashを、かページを使用すれば、彼ら自身の中の交換データにできない。 ホールダーは今作成することができない。
  • 場合によってはファイルが偶然削除されるように、不安定がある。 重要なファイルは上記のコピー及びのりの安全な解決とまた救われるべきである。
  • LogiFlashViewerに回路を後で輸出するためには、上記のコピー及びのりの解決を使用できない。 ここに読まれるLogiFlashViewerで回路を示す方法を。

ヒント: ファイルがどこに貯えられるか丁度知るのを好んだら、ファイル「directory.sol」を捜しなさい。

VHDLの輸出との

ここに再度テキスト分野が付いている窓は現われる(コピー及びのりによってXMLの輸出と同じような)。 すべての機微はのここに説明することができないVHDL輸出するあるポイントは注意することができる:

  • 信号の源および流しのラベルは受け入れられる。 ラベルが割り当てられなければ、一般名は作成される。
  • カチカチ音をたてることによって箱「遅れ」、すべてのゲート、フリップフロップおよび記録1ナノ秒の理想的な遅れを得なさい。 この箱がかちりと鳴らなければ、これらの部品は遅らせ自由である。
  • 箱「刺激トランク」のでかちりと鳴ることによって付加的な刺激はあなたがVHDLの編集者と回路シミュレーションに信号の価値だけ補わなければならない構成と付す。

 

 


LogiFlash、原本および例:
Technische Informatik Universitätブランクフルト
 

 

 

 
X

http://logiflash.com/manuals-workbench-tools/7.php